奇跡の塩、リ・コエンザイム

木

この塩は、時々行く近くのパン屋さんで見つけました。
コーヒーもオーガニック、マクロビオティックの教室も開いている、食材に気を使ったお店です。

3億8千万年前にヒマラヤができたとき、太古の海水がマグマに焼かれて岩塩になり、高い還元力を持つ塩ができたのです。
ある時期になると、列をなしてこれを舐めに行くヤク(牛科)を見て、その存在が知られたんだそうです。

ヤクは、下のほうにあるヒマラヤ岩塩には見向きもせず、5千m超まで登っていくそうです。
酸化したからだを還元してくれる自分に必要なものを、動物はちゃあんと知ってるんですね。

ビオ・ソルト(食用)

料理

浴用・食用・美容と、塩は種類がありますが、私が最初に選んだのは食用です。

大地を守る会の宅配を10年以上とっていますが、時々食べ忘れることあり。
このときも、1週間前のトウモロコシを野菜庫に発見。
何ということ、お湯を沸かしてからトウモロコシを収穫しに行くべき、といわれるほど鮮度が重要な作物が、1週間も立ってる。

泣く泣くリ・コエンザイムの塩を入れて茹でると、
何だかとっても鮮やかな黄色、です。
食べると,美味しい!

びっくりしました。

また、1週間前の枝豆も、
だだ茶豆のように味が濃く、緑鮮やかに茹で上がり、塩気もきちんと入ってる。

普通、枝豆に塩気を加えて茹でたいときは、端を切るか、先に塩もみしなければなりません。
それが、そうしなくともきちんと塩味のある枝豆が出来上がります。

なんと、野菜が若返る、ではありませんか!!

最高に驚きました。

ブロッコリーも、ほうれん草も、驚きの緑、です。
凄い塩、としか言いようがありません。

料理全般美味しくなるので、料理の腕が上がったような錯覚が起きます。

スパ・ソルト(浴用)

シャンプー

食用でびっくりしたので、浴用も試す気になりました。

添付のスプーンで2~4杯浴槽に入れる、けれど多いほうが効果のほどがわかりやすい。
というので、がんがんデトックスしたい私は、4杯入れることに。

体を温めると病気が治る、と昔から言われてますが、それが科学的にも解明されてきているようです。

ヒートショックプロテインという熱ショックタンパクが、細胞の中にできると、傷ついた細胞を修復しやすくなり、ナチュラルキラー細胞も活性化するそうです。

ヒートショックプロテインを作り出す入浴法は、42度のお湯に15分から20分入ればいいそうですが、もうちょっとぬるくてもその状況をスパソルトは作り出すことができるようです。

それに、ヒートショックプロテインは、コラーゲンを守り、生産を助けてくれるらしいですよ。

入浴後の私の感想は、体の芯が温まっているけど、表面はスカスカしてるような感じ。
さっさと冷えないうちに布団に潜り込むと、自分の体温だけであったまってるみたい。

それに、自分が受けてしまったマイナスのエネルギーが、取れた感があります。
確かに、デトックス効果が感じられるので、毎日スパ・ソルトのお風呂で、パズルを解きながら半身浴してます。

早々、先日19年に1度の朔旦冬至(新月と当時が重なった)の日は、スパ・ソルトを1袋入れて入浴してみました。
特別の日だからこそ、試したのです。

お風呂から上がった感想は、
アー、すっきりした。

でも、コスパを考えると、8倍の効果があったかどうかは、怪しいです。
お風呂の残り湯は、翌朝植物にあげましょう。
そのまま流すと、排水管が喜ぶらしいですが。

ビューティー・ソルト(美容)

水に溶けやすいように、マイクロパウダーにしてあるので、使いやすいです。
私は、塩水で洗顔したり、歯を磨いたり、フェイスパウダーに混ぜています。

化粧水やシャンプー・リンスに加えると良いと記載されてますが、還元力は、24時間らしいので、作り置きしたらもったいないです。

動画をお借りしました