季節に応じた養生法

中医学(中国伝統医学)に基づいた季節の養生法を、黄帝内経(こうていだいけい)よりご紹介します。

春の過ごし方

春冬の間ひっそりと隠れていたすべてのものが、芽を出し活動し始める季節です。
陽気もよくなり、それにつれて人の体の陽気も多くなりますから、活動的にふるまうのが春に適応する方法です。
沈んだ状態で静かにしていると春気に対応しません。
神経痛や皮膚病になったり、だるかったり、眠れなかったりしたら、運動して人体の陽気を発動すればよいのです。
この春に対する適応法を誤ると、陽気は沈んだままになるので、夏になっても体は冷えたままになります。

夏の過ごし方

かき氷草木が繁り、万物が成長する季節で、陽気は盛んです。
体に熱がこもらないよう、汗をかいて陽気を発散させなければなりません
陽気を発散させないと体は暑いので、クーラーや冷たい飲み物を欲しますので、これを続けると下痢します。
秋になり、肺は体の中の熱により咳が出るようになります。

秋の過ごし方

秋万物が実を結び、すべては引き締まり収斂する季節です。
この季節は、活動的になってはいけません
季節に応じるということは、陽気を体内に深く納めるということなのです。
活動的に汗をかき陽気を発散させると、肺が弱り風邪をひきやすくなります。

冬の過ごし方

冬万物は、沈んだように静かに冬眠したかのような季節です。
体内に陽気をしっかりしまいこみ、ゆめゆめ発散してはいけません
運動やサウナで汗をかいたり、飲酒などで陽気を発散させると腎を悪くします。
冬の間しょっちゅう風邪を引くという方は、温めすぎて暑くなり体内の陽気を外に出しているのかもしれません。

腰湯は体を温め腎を養う良い方法ですが、春夏はたくさん汗をかき、秋冬は体が温まったと思ったらそれ以上はお湯につかっているのは止めましょう。

春夏は老廃物を汗で外に出すと、腎の排泄機能を助けます。
無理なく汗をかきやすい季節には、喜んで汗をかく、これが季節に対応した養生といえるでしょう。