鍼灸やスイナの発祥は

中国の古典である黄帝内経(こうていだいけい)には、広い中国のどの地方から鍼や灸が起こったかが書かれています。

東方は砭石(へんせき)

石砭石は東方、天地の始まるところより起こった。
その場所は海に近く温暖で、魚食が多い。
魚は体に熱が溜まりやすく、塩分は血を濃くするので、人々は肌が浅黒くできものができやすい。
よって、砭石(へんせき・メスの一種)が発達した。

西方は漢方薬

漢方薬西方は鉱物がとれる場所、天地が収引するところで、砂漠地帯で風が強く気象があらい。
人々は肉食が多く肥満しているので、外傷ではなくその病は体の内側にある。
よって、毒薬(漢方薬)が発達した。

北方は灸

お灸北方は天地が閉蔵する場所、風は寒く水は冷たい。
遊牧民が多いので、乳製品を多くとリ寒さにあたるので、内蔵も冷えて張る。
だから、温める灸が発達した。

南方は鍼

はり南方は長陽の場所、土地も肥沃で高温多湿である。
人々は酸っぱいものを好むから、病は麻痺や痙攣が多い。
だから、鍼が発達した。

中央は気功や按摩

按摩中央は、土地が平らで万物いろいろなものが集まってくる。
人々は何でも食べれて、肉体労働をする必要がなく、手足に力がなくなったり冷えのぼせたりする。
よって、導引按蹻(気功や按摩)が発達した。

黄帝内経には、
手足が萎えたり冷えのぼせたら、按摩が、
筋肉が痙攣したり麻痺したときは、鍼(はり)が、

良いとされており、症状別に、より適した方法がわかります。
人やモノが多く集まってくる都市部では、按摩・マッサージが好まれるのも、人の世の常なんでしょうか。